装備品はオプションで

2014-02-13

法で定められた点検については必ず受けるべきです。罰則・罰金規定がないのをいいことに受検せずにいても構うものかと考える人もいるようですが、しっかり受けている方が車両は長年乗ることができます。

最近の新車では、昔は当然付いているものとして基本的な装備品のラジオや喫煙者用シガーライター、灰皿が装備されていないことが普通で、利用したいものはオプションで取り付ける状況です。

電装品は実際に動かしてから購入するのが必須事項です。買った後になってからミラー動作が良くないことに気付き、販売元に伝えても、売り渡した際には正常だったとされて言われかねません。

一箇所も修理の必要になるところがないならば、個人登録でもオークションを利用することが可能でしょう。この時のオークションが指すのはヤフーオークションなとという個人で売買可能なタイプの入札売買となります。

衝動買いではなく、見積書を持参して他店で価格交渉をすることで、車選びというのは納得できる取引となると思われますので、ぜひいくつかの店舗で見積書作成を依頼しましょう。